So-net無料ブログ作成

新旧・斉藤対談!? [新選組]

<注>今回の内容は「八重の桜」の内容というよりは、私の偏見が詰まった
大河ドラマ「新選組!」愛による、オダジョー@斉藤トークですので
理解できない、共感できないかもしれない方は、スルーでOKです[るんるん]
また元々オダジョーファンだからという事で書いたものでもないので、
その点もご理解頂ける方のみ、そして、お時間に非常に余裕のある方は、ゆっくりとご覧下さい。


今年の大河ドラマ「八重の桜」は会津戦争を戦った、幕末のジャンヌ・ダルクと言われる
新島八重さんを取り上げた作品なので、幕末好きな私も興味深く見させて頂いてきて、
色々と思うところはあったんですが、そんな私が今更語りたいと思う程に惹かれたのは、斉藤でした!!
と言っても八重の桜VERの新・斉藤ではなくて(ぇ)旧・斉藤のオダジョー!!(呼び捨てで、すいません[あせあせ(飛び散る汗)])
ってか、今のオダジョーは斉藤じゃないし…。
なんですけど、やっぱオダジョーを見ちゃうと、私にとっては斉藤なんですよねぇ。
そんな二人が、まさかの競演を果たしてくれるとはッ!!!かなり私にとって嬉しい回でした~[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

なんか襄さんを見ていても斉藤に見える私にとっては
新・斉藤が時尾さんを京都に連れて来た理由を語るシーンで
襄さんの思い深気な表情が、本編の趣旨に対しての表情じゃなくて(オイオイ)
「うんうん、分るよ…俺も斉藤だったから」とか、
「組!」をやってた時のことを思い返して、感慨深い気持ちになってるのかなぁなんて
すんごい邪な気持ちで見ちゃってました[わーい(嬉しい顔)]

でも、それがすごく嬉しくて、寧ろ私自身「組!」の時には
それほど斉藤に思い入れは無かったのに…
っていやいや、興味が無かったって意味じゃなくて
斉藤好きだったし、オダジョーの斉藤は格好いいなぁって
しかも、あの忠義心のあつさには、ホント胸を打たれた人だったので
大事な存在ではあったんですけど、それでも歳への愛が勝ってしまうので、
とか他に気になりすぎる人達がいたので、注目度が下がってしまうんですけど
寧ろ今の襄さんの方がオダジョーが好きになれたし、襄さんのオダジョーがイキイキしてるなって[るんるん]

オダジョーの大河に対しての感謝とか、思い入れが、役にも伝わってるんだろうなって思える位、
見えていて思えるので譲さんってキャラが好きになれましたし
襄さんは八重さんにとっての支えであり、大きな救いとなる人だと思えますけど
見ている側としても、本当に大きな救いの人になってくれました[グッド(上向き矢印)]

今までが本当に辛い事が多かったですし、本当に苦しい思いを見せ付けられて来たので[もうやだ~(悲しい顔)]
だからといって襄さん自身だって決して苦労も無く生きてきた訳ではないと思うのに、
その優しさだったり、人を思いやる気持ち、人を愛する気持ちの大きさに、自分まで癒された気持ちになりました。

八重さんをピクニックへと連れ出し三郎の戦死した場所へ連れて来た時のやりとりでは
涙無くしては見られませんでしたし、過去にも涙が溢れたシーンは数々ありましたが、
あの時の涙は、辛い苦しいというよりも何かが剝がれ落ちたような、
張り詰めていた八重さんの気持ちがそうだったように溶け出した、溢れ出した思いが、
涙になって零れ落ちたような、そんな心境でした。
お陰で私も今やっと救われたような。

容保公が言う「報いる事が出来た」の言葉が聞けたのも大きかったですが
大きな愛で抱きしてめてくれた襄さんの思いは
「組!」の時に見せた斉藤だったオダジョーではない
まったく違う顔でしたが、私にはこっちの方が大好きと思えました[exclamation×2][黒ハート]

時尾さんが、新・斉藤さんが笑ったことにビックリしてましたが
正しくそんな心境[わーい(嬉しい顔)]一さん、変わったね!!と思っちゃいました[グッド(上向き矢印)]

まさか、こんな斉藤が見られる日が来ようとは[exclamation×2]
改めて考え返してみたら「組!」の時の斉藤は確かに笑顔なんで見せなかったかもなぁ…って。
時尾さんでも初めて見た位ですもんね。
あの三谷さん作品の斉藤でも、笑顔は無かったのかな(あったら、すいません)
と思うと本当に大きな変化だった事が、今の八重の斉藤でも分りました。

皆そうして前に進んで行ってるんだなって。
でも「組!」では決着はついたけれど、そこまでだったから思いが残ってたし、
その後の隊士達の思いよりも、悔しい思いが強かったので、乗り越えられてなかったんだなぁ…。

ちゃんと三谷さんが函館戦争で歳が倒れた時に
勝っちゃんと再開できて「次は何しよう?」って、新しい道を用意しててくれたのに。
今頃、本当のその意味に気がつくなんて…。

それも、これも全部は襄さんが居てくれたお陰です。
「組!」以来の大河出演なのに、色々な思惑で逆境にも立たされたオダジョー
でも、それよりも大きい大河への愛、さらに私としては、
やっぱり再びの会津縁のある役柄だったからこその?と思える
感謝の気持ちを持って向き合ってくれたからだなぁ…と
そのオダジョーの気持ちに既に胸打たれました!!

まさにその生き様が斉藤のようで、勝っちゃんへの、そして容保公への
恩義を尽くした斉藤という人の、新選組を思う気持ちと重なって
やっぱオダジョーは斉藤一だよ!!と思っちゃいました!!

「八重の桜」では新選組好きとしては、正直残念な部分も多かったですけど
でも改めて幕末の歴史に触れると言う意味では、すごく私には満足だったし
大好きな孝明天皇も、容保公も改めて好きだと思える方々でしたし
会津藩の人達も改めて知ることが出来て、悲しかったけれど修理さんや
大蔵や平馬さんも、その生き様に沢山共感させて貰いましたし
八重さんの旦那さんの尚之助さんも、兄様の覚馬さんも、
本当に見かけだけじゃない、いい男揃いな事に満足させて貰いました。

こんなに満足できるとは正直、放送直後は思っていなかったので
残念な部分もプラマイで考えられるようになりました[わーい(嬉しい顔)]
しかも、こんなブログに書きたいと思える程になるとも想像もしませんでした!!
って貶してるわけじゃないんですよ~[たらーっ(汗)]

「新選組!」では毎回が思い入れがありすぎるので語りきれませんが、
「八重の桜」では、この回だけは!!と思う気持ちが強すぎたので熱くなっちゃいました。
無駄に長いのにダラダラ書いてるだけですいません。

最後までお読み頂いた方は、本当に有難うございます!!!
[黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート]
nice!(13)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。